癌(がん)の基礎知識

? 1.癌(がん)とはどんな病気?

癌(がん)の原因については、今だにさまざまな説が考えられて、色々な研究がされています。すでに公表されている癌(がん)になる原因DNA異常、細胞分裂異常、免疫機能の低下などの他に、運動不足により血液循環が悪化しカラダの中で酸素不足が起きるためなどと言われています。癌(がん)とは、何かしらの原因によって人間の正常な細胞が突然変異してがん細胞になり、そのがん細胞が増えていく(腫瘍になる)病気です。悪性新生物とも言われています。ヒトの体を構成する細胞の数は、約60兆個といわれています。これだけの数の細胞がヒトの体に秩序正しく配列し、それぞれの機能をそれぞれの役割を果たしています。ガンは、体内の細胞が様々な原因で突然変異を起こし、もとの細胞とは異なる細胞に変化して、急激に増殖する疾患です。生じたガン細胞はもとの正常細胞の持っていた機能を失い、体内の秩序を乱して勝手に増えていきます。さらに一部のガン細胞は腫瘍部から遊離して、別の器官や組織に進入し新しい腫瘍を作ります。

? 2.原因は?

ガンの広がりに伴い生体内では様々な障害が引き起こされ、次第に全身が衰弱していき、ついには死に至ります。正常な細胞を突然がん細胞に豹変させてしまう原因には、発がん性物質の存在が確認されています。これらの物質を作り出す原因は、食生活や喫煙などの生活習慣に深く関係している。日本では三大生活習慣病のひとつとされています。

? 3.どんな症状?

がんは体のどの部分にも発生する病気です。乳がん肺がん、などと芸能人でも色々な癌(がん)の病気になっていて、よくニュースで報道されています。みぞおちあたりの痛み、吐気なら胃がん、血便、便潜血なら大腸がん、咳、血痰なら肺がん、不正性器出血、ピンクのおりものなら子宮がん、などの疑いがあるかもしれません。

? 4.どうやって発見されるの?

がんが発生する部位によって異なるが、乳がんの場合は胸のしこりの異常肺がんの場合は咳、痰、血痰などの自覚症状で気がつくことがあるようです。少しでもなんかおかしいと感じたら、早めに正確な検診を受けて下さい。


【癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター クイックコンテンツ


 
癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センターTOP 三大生活習慣病・癌(がん)とは
癌(がん)に気をつけたい症状 癌(がん)検診前の癌(がん)の基礎知識
癌(がん)検診システムの特徴 癌(がん)検診専門人間ドックの検査方法
癌(がん)検診システム設置全国医療機関 癌(がん)検診システム提携医療機関募集
癌(がん)検診専門人間ドックQ&A メディア紹介事例
癌(がん)検診専門人間ドックお問い合わせ 医学論文・学会報告

Copyright(C) 癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター 2005 All Rights Reserved.

健康食品受託製造・原料卸:イムノサポートグループ



医療のトータルサポート:成幸社 FDA情報提供・医療翻訳:PRSS 日本語版
美容整形、豊胸手術世界ブランド ブレストインプラント FDA情報提供・医療翻訳のPRSS 英語版
アンチエイジング・美容・老化のエイジングリサーチシステム 健康食品通信販売 リアライズ