癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター
癌(ガン)に気をつけたい症状

見分けることが難しい癌(ガン)

症状だけではがんに特徴的なものはないといえます。だからこそ、油断するあまり
気がついたら手遅れのガンになっていた・・・というケースも多いのでしょう。

例えば、それぞれの癌(ガン)に以下ような症状があげられます。

胃ガン 胃が痛い、重苦しい、はる、もたれる、
食欲がへるというような症状
肺ガン 咳・痰
気管関係粘膜のガン 咳、痰、胸痛というような症状

しかし、これらの症状はご存知の通り、癌(ガン)だけではないのです。

胃潰瘍や胃炎の場合も胃がんと同じような症状がでます。また、気管の場合は
気管支炎、肺炎、肺結核などでも同じように症状が出ます。

このように癌(ガン)に特徴的なものはないのです。そういう意味ではガンか
どうかを見極めるのは大変難しいといえます。

しかし、それでも違いはあります。

1.癌(ガン)の場合、癌(がん)細胞は大きくなっていくので、細胞にきず
ができて、出血するようになるということがいえます。

肺がん 血痰
胃がん 吐血・下血
子宮ガン 接触出血
直腸ガン 血便
膀胱がん 血尿

これらはすべてガン細胞からの出血です。そのため、出血するようになった場合、
すぐにきちんとした検査をすることはいうまでもありません。

2.食欲が減る、だるい、顔色が悪い、痩せるなどといったことがあれば、気を
つけた方がいいでしょう。

通常の病だとここまではあまりならないのが普通です。

3.普通の病気では安静にしていると自然と治るというケースが普通だが、
癌(がん)の場合は症状がなかなかよくならずに、時間がたつにつれて悪く
なることが多いということがいえます。


癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター
癌(ガン)に気をつけたい症状

■見分けることが難しい癌(がん)  ■食生活と癌(ガン)
■タバコと肺癌(がん)    中高年男性と癌(ガン)
■50歳を過ぎた男性の癌(がん)  女性と癌(ガン)
■職業と癌(がん)   


【癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター クイックコンテンツ


 
癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センターTOP 三大生活習慣病・癌(がん)とは
癌(がん)に気をつけたい症状 癌(がん)検診前の癌(がん)の基礎知識
癌(がん)検診システムの特徴 癌(がん)検診専門人間ドックの検査方法
癌(がん)検診システム設置全国医療機関 癌(がん)検診システム提携医療機関募集
癌(がん)検診専門人間ドックQ&A メディア紹介事例
癌(がん)検診専門人間ドックお問い合わせ 医学論文・学会報告

Copyright(C) 癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター 2005 All Rights Reserved.

健康食品受託製造・原料卸:イムノサポートグループ



医療のトータルサポート:成幸社 FDA情報提供・医療翻訳:PRSS 日本語版
美容整形、豊胸手術世界ブランド ブレストインプラント FDA情報提供・医療翻訳のPRSS 英語版
アンチエイジング・美容・老化のエイジングリサーチシステム 健康食品通信販売 リアライズ