癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター
癌(ガン)に気をつけたい症状

タバコと肺癌(ガン)

タバコの喫煙量と肺がんは明らかに関係があるといえます。

肺がんになる人は若い頃からタバコを吸っていて、量も多い人が
多いようです。当たり前といえば、当たり前の話ですが・・・。

喫煙者には気管支に前ガン状態というような変化があることも多い
ようです。

タバコの危険は自分は吸っていないからといっていいというわけではなく、
まわりの人のタバコの煙なども危険です。

タバコのどこががんに関係するの?

よくニコチンが悪いといわれているが、癌(がん)に関係するのは、ニコチン
ではない
のです。ニコチンは自律神経毒であって、自律神経・循環器・消化器
などに影響を及ぼしますが、肺がんとは関係はありません

肺がんと関係が深いのはタバコの中でも特に紙巻タバコであって、紙が一定の
温度で燃えるときにがんになる物質が発生すると言われています。

また、たとえヘビースモーカーであっても、禁煙すれば平均寿命を10年〜15年は
延ばすことができるという報告がでているようです。つまり、癌(ガン)が完全
に大きくなってしまう前に禁煙すれば、タバコの影響によって死亡する危険性は
かなり減ると考えていいでしょう。


癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター
癌(ガン)に気をつけたい症状

■見分けることが難しい癌(がん)  ■食生活と癌(ガン)
■タバコと肺癌(がん)    中高年男性と癌(ガン)
■50歳を過ぎた男性の癌(がん)  女性と癌(ガン)
■職業と癌(がん)   


【癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター クイックコンテンツ


 
癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センターTOP 三大生活習慣病・癌(がん)とは
癌(がん)に気をつけたい症状 癌(がん)検診前の癌(がん)の基礎知識
癌(がん)検診システムの特徴 癌(がん)検診専門人間ドックの検査方法
癌(がん)検診システム設置全国医療機関 癌(がん)検診システム提携医療機関募集
癌(がん)検診専門人間ドックQ&A メディア紹介事例
癌(がん)検診専門人間ドックお問い合わせ 医学論文・学会報告

Copyright(C) 癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター 2005 All Rights Reserved.

健康食品受託製造・原料卸:イムノサポートグループ



医療のトータルサポート:成幸社 FDA情報提供・医療翻訳:PRSS 日本語版
美容整形、豊胸手術世界ブランド ブレストインプラント FDA情報提供・医療翻訳のPRSS 英語版
アンチエイジング・美容・老化のエイジングリサーチシステム 健康食品通信販売 リアライズ