癌(がん)検診専門人間ドックの検査方法

A.細胞性免疫検査
がん発生の素地となる異常の有無(がん体質)を調べます。
【サイトカイン検査】

● インターロイキン12
● インターフェロン・ガンマ
● 腫瘍壊死因子(TNF-α)
がんの発病・進行に際してリンパ球やマクロファージと呼ばれる免疫細胞から放出される重要な生理活性物質。この検査ではがんの抑制に最も重要とされる3項目について、どれだけ作り出す能力があるかを調べます。(免疫細胞の予備能力チェック)
 
【ヘルパーT細胞分類検査】


● ヘルパーT細胞1系(Th1系)
● ヘルパーT細胞2系(Th2系)
● Th1/Th2比率
Th1系はがんの成長に対して抑制的に働くヘルパーT細胞集団で、いわば善玉免疫細胞。逆にTh2系はがんの成長を促す悪玉免疫細胞と考えられています。どちらもヒトの血液中に存在し、その比率を測定してがんに対する免疫バランスが崩れていないかを調べます。
 
【細胞障害活性検査】

● ナチュラル・キラー細胞活性
がんの発生に際して、活性度が高まり、がん細胞に攻撃を加えてくれる細胞。何らかの原因でその活性度が異常に高まっていないか調べます。

B.がん関連抗原検査
 がんの成長に際して増加する異常物質(がん発病)を調べます。

【がん関連抗原検査】


●CEA、 αFP、CA19-9、DUPAN-2他、約20種
人体に備わる免疫系に異物として認識され、腫瘍マーカーとも呼ばれています。がんが発現して成長する際に増加してくる異常物質ですから、早期の検出は診断に役立ちます。


【癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター クイックコンテンツ


 
癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センターTOP 三大生活習慣病・癌(がん)とは
癌(がん)に気をつけたい症状 癌(がん)検診前の癌(がん)の基礎知識
癌(がん)検診システムの特徴 癌(がん)検診専門人間ドックの検査方法
癌(がん)検診システム設置全国医療機関 癌(がん)検診システム提携医療機関募集
癌(がん)検診専門人間ドックQ&A メディア紹介事例
癌(がん)検診専門人間ドックお問い合わせ 医学論文・学会報告

Copyright(C) 癌(がん)検診専門人間ドック・健康管理センター 2005 All Rights Reserved.

健康食品受託製造・原料卸:イムノサポートグループ



医療のトータルサポート:成幸社 FDA情報提供・医療翻訳:PRSS 日本語版
美容整形、豊胸手術世界ブランド ブレストインプラント FDA情報提供・医療翻訳のPRSS 英語版
アンチエイジング・美容・老化のエイジングリサーチシステム 健康食品通信販売 リアライズ